イメージ

トップページ > ホームページ活用術 > これだけは知っておきたいネットショップのコツ > やってはいけないネットショップ運用

やってはいけないフリーメールでのネットショップ運用

フリーメールとは、YAHOOやMSNで提供している無料メールサービス。無料で利用できるメールサービスの為、経費を抑えるためにネットショップ運用に使うといったケースがあるが、この運用には大きな問題点がある。

問題の多い「フリーメールでのネットショップ運用」

インターネット上での信頼性がゼロ?

フリーメールは本人確認なしでの利用が可能な為、インターネット上でフィッシング詐欺といった犯罪に多く使われている。都合が悪くなるとポイ捨てされる為、入金をしたのにその後連絡がとれなくなるという犯罪にも利用されています。

インターネット上にいる消費者は、顔の見えない相手や怪しいメールには敏感です。健全なネットショップ運用をしていても、フリーメールを使っているといった理由だけで敬遠されてしまいます。

フリーメールは迷惑フォルダ一直線?

フリーメールは迷惑メールに利用される事が多く、受信者側(あなたのお客様)のパソコンで自動的に迷惑メールと判断され削除されてしまう場合があります。

受信者側は自動的に迷惑メールと判断されたメールに気づくことがなく、「注文したのに、確認のメールがこない」と思われてしまい、その後の購入に至らないという結果を招きます。

世界に一つだけの「独自ドメイン」を取得しよう

消費者は怪しいネットショップから決して買い物をしません。信頼性を高める方法として「独自ドメイン」を使ったネットショップ運用が考えられます。

独自ドメインはあなたの信頼性を飛躍的に高めます

独自ドメインとは、例えば「taro@webrent.jp」の「webrent.jp」にあたる部分がドメイン。(@の前については任意の名前をつけたメールアドレスを自由に利用可能)。

「**@webrent.jp」からのメールであれば、webrent.jpという会社だと認識する事が出来る為、フリーメールと比較して信頼性が比べられない程高い。

メールだけじゃない「独自ドメイン」の活用方法

独自ドメインはホームページのアドレスとしても利用可能。「http://webrent.jp」のように短く、覚えやすいのが特徴。

独自ドメインは運用者が特定できるため、ネットショップを訪れたお客様にとって信頼度が高い。

意外と安価な独自ドメイン

独自ドメイン、「.com、.jp、.net」等様々あるが「.com」は年間約1,000円で利用可能。検索サイトで「ドメイン」と入力するとドメイン取得代行のサイトが見つかるので自分にあった会社から申請が行えます。

  • お問い合わせ
  • お申し込み