イメージ

トップページ > ホームページ活用術 > SEOとは何か? > SEO対策:知らなきゃ損する無料外部SEO

SEO対策:知らなきゃ損する無料外部SEO

SEOとはYahooやGoogleといった検索エンジン(検索サイト)でホームページを上位に表示させる為の技術です。

SEOは内部SEO外部SEOの2種類があります。ここでは、ホームページに詳しくない方でも簡単かつ無料で行える外部SEOにテーマをしぼり話を進めます。

そもそも外部SEOって何だ?

以下はYahooとGoogleが公開している外部SEO情報です。

Yahoo公式情報

「ウェブページとのリンク数を増やします。」(Yahoo公式:検索結果でウェブページの表示順序を上げるには

Google公式情報

「他のサイトからリンクが貼られるようにする」(Google公式:Google公式Google と相性の良いサイト

つまり、「他のサイトからのリンク数を増やす事」が検索結果で上位に表示させる要因だという事がわかる。

例えば、

A社のホームページは他のサイトから100個のリンクがある。
B社のホームページは他のホームページから1個のリンクがある。

この場合、A社のホームページの方が上位に上位される可能性が非常に高い。

なぜなら検索エンジンは、A社のホームページのほうがたくさんのリンク(支持者)がある為、有益な情報を含むホームページと評価している為です。

リンクの質

リンクには「質」がある。

先ほどの例だと、A社はB社に比べて評価が高い。

この場合、A社からのリンクはB社からのリンクよりも評価が高い。

評価の高いサイトからのリンクが例えば10点とした場合、評価の低いサイトからのリンクは2点だったり、3点だったりする。

評価の高いサイトからのリンク以外でも、「関連性のあるサイト」からのリンクの質も高いとされている。

例えば工務店であれば同業者や建築に関するコンテンツが含まれているサイトからのリンクはより有効なリンクである。

ではどうやって質の高いリンクを他のサイトに張ってもらうか?

外部SEO:どうやってリンク数を増やすか?

無料で行える外部SEOとして下記のような方法があります。

登録サイトを利用

リンクの質はともかく最も容易なのは登録サイトを利用する方法。インターネットで「相互リンク」といったキーワードで検索すると検索すると簡単に見つかる。ほとんどのサイトは無料なので気軽に登録できる。

登録サイトに登録されているサイトに依頼

相互リンクサイトに登録されているサイトは、相互リンクによる外部SEOを意識したホームページ運用を行っているため、相互リンクの依頼をすると応じてくれる可能性が高い。リンク集などを設けていないホームページの場合、相互リンクによる外部SEO効果を認識していない場合があり依頼をしても相互リンクしてもらえない可能性がある。

同業者サイトに依頼

リンクの質を重視するなら、同業者やコンテンツに関連性のあるサイトを探し、相互リンクの依頼をしましょう。インターネット検索で、業種を入力すれば関連サイトが表示されます。「リンク集」などを設けているホームページであれば、相互リンクの依頼をしてみましょう。

相互リンクのお願いメール

相互リンク先が見つかったら、次は相互リンクの依頼をしてみましょう。

相互リンクの依頼について明確なルールはありませんが不安な方は相互リンクのお願いの仕方をご覧ください。

外部リンク数の確認方法

ホームページへどれだけリンクがあるか?を簡単にチェックするには、Yahooを利用しましょう。

検索ワードを入力する検索ボックスで、下記の通り入力するだけでリンク数が調べられます。

link:http://ホームページのアドレス

ウェブレントは相互リンクサイトを募集中

レンタルホームページのウェブレントは相互リンクを募集しております。
ご希望のお客様は「リンク」ページよりお申込みください。

  • お問い合わせ
  • お申し込み