イメージ

トップページ > ホームページ活用術 > SEOとは何か? > 相互リンクのお願いの仕方

相互リンクのお願いの仕方

相互リンク先が見つかったら、いよいよ相互リンクの依頼を行います。

相互リンク先へどうのように相互リンクの依頼をするか?ですが、いくつかポイントがあります。

失敗する相互リンクの依頼方法

「あなたのホームページにリンク貼ってくれたら、私のホームページにもリンクを貼り付けます。」という依頼はどうだろうか?

この依頼では多くの相互リンクは獲得できないでしょう。この依頼を受けたホームページ管理者は、あなたは本当にリンクを貼ってくれるかるか確信がもてず、リンクをはった後に連絡を要求していると感じ面倒な作業だと思うでしょう。

ではどうやって相手に不信感を持たせずリンクを貼ってもらうことができるでしょうか?

リンクを自分のサイトに貼り付けよう!

「相互リンクの依頼を行う前に、相手先のホームページを自分のホームページに貼り付けましょう」

依頼を行う前に、必ず相手先のホームページへのリンクを貼り付け、その旨を依頼に含めて連絡しましょう。

例えば「私のホームページであなたのホームページへのリンクを貼らせて頂きました。良かったら相互リンクをしてください。」

サンプルメール

以下は相互リンクの依頼メールのサンプルです。

○○○社ホームページご担当者様

はじめましてレンタルホームページのウェブレント管理者○○と申します。

相互リンクのお願いになります。

御社ホームページへのリンクは下記の通り完了しております。

■相互リンクURL

(※相手先ホームページのリンクを貼ったページのURL)

例:http://webrent.jp/link/link3

■当サイト情報

(※相手側に貼ってもうら情報)

・サイト名: レンタルホームページのウェブレント

・URL: http://webrent.jp/

・サイト説明: 福島県南相馬市のホームページ制作会社。ビジネスブログならお任せください!

以上、ご確認よろしくお願い申し上げます。

—–

(※信頼感を出す為に、担当者の連絡先を記載しましょう)

レンタルホームページのウェブレント
所在地:福島県南相馬市原町区○○
担当者: ○○
HP:http://webrent.jp/
電話:0244-○○-○○○○
メール:○○@webrent.jp

—–

以上が基本フォーマットですが、より相手に外部SEOの効果が高いことをアピールし、相互リンクしてもらえるような情報を含む事も有効です。例えば、Yahooカテゴリーに登録されているホームページからのリンクは、Yahooの評価が高いとされているため、「当サイトはYahooカテゴリー登録サイトです。」という文言はかなり有効です。

ウェブレントは相互リンクサイトを募集中

レンタルホームページのウェブレントは相互リンクを募集しております。
ご希望のお客様は「リンク」ページよりお申込みください。

  • お問い合わせ
  • お申し込み