イメージ

トップページ > ホームページ活用術

ホームページ活用術

「最後にタウンページを開いたのはいつだろうか?」

インターネットの急成長とその利便性の高さから必要な情報はイ「ンターネット検索」といった時代です。総務省のデータによればインターネット利用者数は日本国内で9,091 万人、人口普及率は75.3%と非常に高い数字であり、将来的にはさらにインターネット利用者数は伸びていく事でしょう。

日本国内だけで4人中3人以上がインターネットを利用しています。

プライベートでは食事するカフェ、レストランなどの飲食店。余暇をすごす映画館、スポーツクラブ。学校、学習塾、美容室、医療をうける病院などの診療施設、ペットショップ、工務店など生活に関するあらゆる事が検索対象です。

企業活動ではより良い商材、サービスを扱っている企業。信頼できるビジネパートナーなど、インターネット検索で様々な情報が日常的に検索されています。

ホームページをインターネットに公開することで、あなたの会社のサービスが検索対象となる一方、ホームページを公開していないが為に、素晴らしいビジネスチャンスをこの瞬間も失っているかもしれません。

インターネット上の不特定多数へのアピールだけではありません。
あなたの名刺にホームページのアドレスが掲載してあれば、その名刺を受取った方はどんな会社なんだろうとホームページを見てくれます。あなたが説明できなかった余り有る情報をホームページが伝えてくれます。

ホームページは紹介しやすく、紹介されやすい特徴をもっています。
あなたのホームページを見くれてたお客様が、会社の上司や同僚にそのホームページにのっている素晴らしい商品を伝えるのは簡単です。
「○○会社のホームページにある△△を試してみたい。」「○○会社のホームページはこれです。」

印刷物のようにコピーして送る手間がかからない為、ホームページは伝わる速度が信じられないほど速いのも大きな特徴です。

ホームページは自分で育てる

反響の出るホームページ運営には更新作業が必須です。古い情報しか掲載していないホームページを繰り返し見たいと思うお客さんはいないでしょう。しかし、ホームページの更新をホームページ制作者業者に依頼するのは運用コストがかかります。自社で更新作業を行うのがベストですが、ホームページに詳しい従業員がいないという場合、簡単にホームページを更新できるCMS(シー・エム・エス)ビジネスブログの導入を検討しましょう。CMSビジネスブログであれば、パソコンでメールが書けるといったレベルの方でも簡単にホームページ更新作業が行えます。特に、ビジネスブログはSEO対策が高く、新しい情報を加えるだけでSEO対策を自社で行う事ができるというメリットがありあます。

ウェブレントのビジネスブログは3,500円と非常に低価格!

ホームページ制作会社への「外注コスト」

ホームページに詳しい従業員がいない場合、ホームページ制作を行っている業者に制作依頼することもホームページ導入の近道です(ホームページ運用にかかる費用)。

料金は制作会社によって様々。一般的な目安として、15万~100万超。データベースやオンラインシステム等のシステムを導入した場合、1千万円を超えるものも珍しくない。ホームページ制作会社を掲載している「Web制作会社名鑑 」上では、料金の目安として、「100万~」という制作会社がならんでいるのをご覧いただけます。

ホームページ制作費用の内訳は様々だが、原価のほとんどが人件費である。お客様と打ち合わせを行い、ホームページの要件定義を行う営業担当。ホームぺージの表面的なデザインをするWebデザイナー。Webデザイナーが描いたデザインをホームページに加工するコーダー。システムを担当するプログラマー。フラッシュ(写真が切り替わったり、アニメを動かす技術)を担当するフラッシャー。キャッチのきいた文章やSEO対策を行うライター。商品など部材を撮影するカメラマン。Webサーバーの構築、運用担当するサーバーエンジニア。それらの従業員を統括し全体の管理を行うWebディレクター。こういったスペシャリストで構成されるチームでホームページを作るとすれば、やはりそれだけの費用が発生するのは当然だろう。

「100万円の費用で制作し、年間300万の売り上げが上がるとすればそのホームページは割高でしょうか?」

「15万円で制作したホームページで売上があがらず、問い合わせが0件だった場合、そのホームページは割安でしょうか?」

いずれにしろ、中小企業やSOHO、個人事業主などホームページ導入にそれほど費用をかけられない場合が多い。少額の費用でも、失敗しないホームページ導入を行うために、より厳しい目線でホームページ制作業者を選ぶ必要がある。

(失敗しないホームページ制作業者の選び方)

そんなことまでわかるの?!

ホームページを公開したら、アクセス解析を行いましょう。アクセス解析とは、ホームページを閲覧者の情報を分析する作業です。例えば、「どういったキーワードで検索したか?」「どの地域からアクセスしてきたか?」「どのページを閲覧しているのか?」など、ホームページ運営のヒントや、ビジネスの戦略をねるマーケティングツールとして利用できます。

例えば、「どういった検索キーワードを入力したか?」という情報は市場のニーズを反映しています。

ビジネスブログ 福島」 「格安ホームページ 南相馬」といったキーワードがアクセスの際もっとも多く入力されていたとしたら、どういった事がわかるでしょうか?

「福島県でビジネスブログに関心のある方が多い。」

「より低料金なホームページを探している方が多い。」

アクセス数が多い中で、問い合わせが伸び悩むようであればビジネスブログのコンテンツを充実させるといった事で、ホームページを改善できます。また、ビジネスブログや福島といったキーワードで検索エンジンの上位に表示されるよう、SEO対策を行うのも忘れてはいけません。

SEO対策とは?

  • お問い合わせ
  • お申し込み