イメージ

トップページ > ホームページ活用術 > ホームページ運用にかかる費用

ホームページ運用にかかる費用

ホームページを持ちたいけど、費用ははどれだけかかるんだろう?ホームページ導入を検討する際にしっておきたい「ホームページにかかる費用」についてご紹介します。

初期費用

自分でホームページを制作したい場合

個人でもホームページ制作は行えます。ホームページ制作をする場合に必要となってくるものとしてパソコンやソフトウェアがあります。下記の表は価格の目安です。自作の場合、必要な機材及びソフトウェアを準備してても、そのソフトウェアの使い方を覚える時間がかかる点や、仮にソフトの使い方を覚えても自分の思い描くようなホームページにならない場合があるので注意が必要。

品目 価格(目安) 解説
パソコン 100,000円
ホームページ作成ソフト
IBMホームページビルダー
14,000円 デザインからコーディング機能(htmlファイルへの出力)有り。
ホームページ作成ソフト
Adobe Dreamweaver
42,000円 デザインからコーディング機能(htmlファイルへの出力)有り。
デジタルカメラ 30,000円 ホームページ掲載の画像撮影用機材
画像編集ソフト
Adobe Photoshop
100,000円 画像の補正、加工用のソフト
画像編集ソフト
Adobe Illustrator
70,000円 画像の補正、加工用、ホームページデザイン生成ソフト
ホームページデザインソフト
Adobe Fireworks
40,000円 ホームページのデザイン生成と画像加工ソフト
アニメーション生成ンソフト
Adobe Flash
90,000円 ホームページ上で動くアニメーション(Flash)制作ソフト
インターネットプロバイダー 5,000円(月額) ホームページをサーバーにアップロードするために必須

制作はプロ(ホームページ制作会社)に任せる場合

デザインだけではなく、システムも含め、どういったホームページを依頼するかによって料金は様々。

ホームページ制作会社は制作に掛る時間をベースに料金を決定しているケースがほとんどの為、1カ月程度の制作期間が必要であれば1か月分の人件費+諸経費+利益が制作料金に見積もられる。ホームページ制作会社によって料金は大きく異なるが、実績のある制作会社であれば、10ページ程度のものでデザイン料金とコーディング費用で300,000 円~。ビジネスブログや、ホームページをブログのように簡単に更新できるシステム、予約システムといったプログラムを導入する場合はさらに費用がかかる。

安いにこした事はないものの、あまりに低料金を押し出している場合、なぜその料金なのかを確認したい。テンプレートを利用して同じデザインのホームページを複製していたり、十分な検証をおこなう手間を省きレイアウトずれを起こすような粗悪品にあたらないよう制作会社の選定は慎重に(失敗しないホームページ制作業者の選び方)。

運用コスト

独自ドメイン

インターネット上の屋号にあたるのが独自ドメイン。sony.co.jp、yahoo.co.jp、のような識別可能な屋号。
インターネットプロバイダー契約をすると、無料で利用可能なドメインを取得できる場合もあるものの、プロバイダーの名前付のものは独自ドメインではないため、インターネット上の信頼性が低い。

とりあえず安くすませたいという理由だけで無料のドメインを使うと、いざ独自ドメインを取得となった場合の引越しによるデメリットがあるので考慮が必要。

尚、料金は1年契約のものが多い。更新の都度、更新料金がかかる。以下は一般的なドメイン料金の年間利用料金の目安。

ドメイン 料金の目安(年間料金) 説明
.com ~2,000円 世界の誰でも登録可。
.jp ~6,000円 個人または法人で日本に住所があれば誰でも登録可能。
.co.jp ~8,000円 日本国内に法人登記されている事業者のみ登録可能。一法人一ドメインのみ取得可能。
.org ~2,000円 非営利団体用ドメイン。
.or.jp ~8,000円 財団法人・社団法人・宗教法人や、農業共同組合など、日本国法に基づいて設立された法人用
.ac.jp ~8,000円 大学校・学校法人・職業訓練校用。
.ed.jp ~8,000円 保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校・専修学校など、18歳未満を対象とした教育機関用。

Web(ウェブ)サーバー

インターネット上の店舗にあたるのがWebサーバー。ホームページを制作したら、このWebサーバー上にホームページのデータを保存することでホームページを公開できる。Webサーバーはいわゆるパソコン。Webサーバーを自作することも可能ですが、常時稼働させていると停電や故障といった運用リスクがある点から、レンタルサーバーというサービスを利用するのが一般的。

レンタルサーバーは使いたい機能や性能によって料金が大きく異なるが月々1,000円~3,000円を一つの目安として考えたい。

この料金にはWebサーバー費用以外にも、メールサービスやショッピングカート、CGI(プログラムを起動できる環境)といった機能が含まれている事が多い。多機能で料金が割高なものがある一方、非常に安価なサービスを提供している会社もあるので、ホームページを公開するにあたり必要な要件を確認したうえで選定しよう。

保守費用

ホームページ制作会社を利用した場合、月々支払う費用。
ホームページ制作会社によって料金が異なる。この料金に含まれているサービス内容も様々なので、制作会社に依頼する前に確認する必要がある。特に、更新作業の費用が含まれているかどうかは、自分でホームページを更新できない場合非常に重要。
ホームページ制作会社によっては保守費用無しで、更新作業の際のみ更新費用を支払うといったケースもある。

更新作業費用

ホームページ制作会社を利用した場合に、新しい情報を追加したり、既存の情報の変更作業といっった場合に発生する費用。
長期的にみて更新費用を抑えたい場合、「簡単更新プログラム」のように自分でホームページを更新できるシステムを導入することも検討したい。

  • お問い合わせ
  • お申し込み